スマートウォッチ睡眠機能の比較|15のデバイスから選ぶならコレ!

スマートウォッチ睡眠機能の徹底比較検証 15のデバイスから選ぶならコレ!のサムネイル

スマートウォッチの睡眠機能ってどれくらい精度ってどれくらい?

自分の使っているスマートウォッチの睡眠機能ってどれくらい信じて良いの?

 

Fitbit Versa2歴 20ヶ月の私の素朴な疑問にどんぴしゃで答えを出している動画を見つけました。

ユーチューバー “The Quantified Scientist”のこと、Rob ter Horstさんの動画です。

2021年5月1日現在で、フォロワー数約2.87万人、主にスマートウォッチや睡眠を中心に約60の動画をYoutubeで公開しています。

睡眠中の脳波を測定する機器で、有名所のスマートウォッチの睡眠機能の精度を徹底検証しています。

 

結論としては、現在使っているFitibitデバイスが睡眠機能で最も優れているとのことでした。

Fitibitデバイスが他のスマートウォッチやウェアラブルに比べて優れているのか。

一つの検証結果として定量的に確認することができます。

 

この記事では、Rob ter Horstさんが行ったスマートウォッチの睡眠機能の検証内容とその結果について紹介します

私と同じような疑問を持たれていた方や、スマートウォッチをこれから購入するという方にとって少しでも参考になれば幸いです。

 

スマートウォッチ睡眠機能の検証方法について

いきなり検証結果に入る前に、Rob ter Horstさんがどんな人なのか、また彼が行っている睡眠機能の検証方法について紹介します。

 

スマートウォッチのマニア:The Quantified Scientistについて

参考 Rob ter HorstQuantified Self

ブログによりますと、オーストリア科学アカデミー(Austrian Academy of Sciences)のCeMM研究センターで博士研究員されていて、コンピューターを使った免疫システムの研究されているようです。テレビやラジオ出演、新聞や雑誌の取材とかもブログに紹介されています。

身体・精神・環境のありとあらゆるものを定量的に観測して、分析し研究しています。

特におすすめの動画はこちらです。

パピーゴ

私もデータ収集・分析は好きですが、Rob ter Horstさんのは次元が違います。

また、略歴を見ますと大学を卒業したのが2009年。管理人と同年代ということに驚きです。カッコイイ生き方をしているなと羨ましく思う限りです、はい。

 

The Quantified Scientistによるスマートウォッチの睡眠機能の検証方法

使われている機器は、Hypnodynecorp社製のZMaxという機器です。

睡眠時に頭に装着し、リアルタイムで脳波を測定し、睡眠ステージ(深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠、目覚めた状態)を正確に把握します。

 

各スマートウォッチの睡眠機能の検証方法として、ZMaxとの測定結果との比較しています。

The Quantified Scientist によるFitbit Sense睡眠機能検証結果

The Quantified Scientist によるFitbit Sense睡眠機能検証結果
出典:https://youtu.be/w6D_uUDUP2k

この表の見方ですが、赤枠の箇所にまず着目ください。

ZMaxが判定したそれぞれの睡眠ステージ(深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠、目覚めた状態)についてスマートウォッチがどの睡眠ステージと判定したかが分かります。

こちらの例では、Fitbit Senseの結果ですが、

  • 深い睡眠:ZMaxが「深い睡眠」と判定した時間のうち、Senseが47.1%を「深い睡眠」として一致。残り23.6%を「浅い睡眠」、29.3%を「レム睡眠」と誤認。
  • 浅い睡眠:ZMaxが「浅い睡眠」と判定した時間のうち、Senseが55.2%を「浅い睡眠」として一致。残り19.2%を「深い睡眠」、20.5%を「レム睡眠」、5.0%を「目覚めた状態」と誤認。
  • レム睡眠:ZMaxが「レム睡眠」と判定した時間のうち、Senseが39.6%を「レム睡眠」として一致。残り31.7%を「浅い睡眠」、28.7%を「目覚めた状態」と誤認。
  • 目覚めた状態:ZMaxが「目覚めた状態」と判定した時間のうち、Senseが75.4%を「目覚めた状態」として一致。残り24.6%を「浅い睡眠」と誤認。

との結果でした。

 

一つ注意が必要なのは、これらの計測期間は1晩限りです。

同氏は、長期検証もしており、Fitbit Charge 3(48日間:平均71.9%)とOura Ring(80日間:平均58.9%)の2デバイスについてはそれぞれの精度の結論を出しています。

検証の精度は落ちるものの、比較できるデバイスの幅を持たすため、あえてスポットで行った検証結果を紹介します。

The Quantified Scientistが検証しているデバイス一覧
  • Amazfit | Amazift GTR2 Pro
  • Amazfit | Amazift GTR2
  • Apple | Apple Watch 6 (AutoSleep Track Sleep/ Pillow Automatic Sleep Tracker)
  • Fitbit | Inspire 2
  • Fitbit | Charge 3
  • Fitbit | Sense
  • Garmin | Venu Sq
  • Huawei | Watch GT Pro
  • Huawei | Watch GT 2e
  • Huawei | Watch Fit
  • Huawei | Band 6
  • Samsung | Galaxy Fit2
  • Wahoo Fitness | Whoop Strap 3.0
  • Xaomi | Mi Band 5

スマートウォッチ睡眠機能の精度ランキング:

わかりやすさ重視で、各睡眠ステージの精度を単純に足し合わせて、点数にランキング形式にしています。

数字等は完全に鵜呑みにするのではなく、あなたの関心のあるデバイスがどのあたりか、相場感を掴む目的で参考にして頂くのがよろしいかと思います。

 

スマートウォッチ睡眠機能の精度ランキングトップ5

では早速、5月1日現在で公開されている動画をベースに検証結果をランキングの上位5位を発表します。

The Quantified Scientistスマートウォッチ睡眠機能の検証結果のまとめ(2021年5月時点)

The Quantified Scientistの公開動画を参照し、管理人がまとめたランキング トップ5

第1位:Fitbit | Inspire 2

ダントツ一位に輝いたのは、Fitbit Inspire 2でした。

結果は次の通りです。

The Quantified ScientistによるFitbit Inspire 2睡眠機能の検証結果

出典:https://youtu.be/RsU7xQBeIIs

FitibitのInspire 2は比較的に古いデバイスです。

同様に睡眠機能を搭載しているCharge 2, Charge 3, Charge, Versa 2, Versa 3, Senseなどのデバイスはどうなのか?

後述の通りCharge 3、Senseが第3位、第4位にランクインしていますが、精度については各デバイスは大差がないことが考えられます。

順位はInspire 2、Charge 3、Senseで順位が前後していますが、基本的に長期検証の通り精度は71.9%前後となります。

これから買うのであれば、InspireではなくCharge 4やVersa 3、Sense、Luxe(5月下旬販売開始予定)ですかね。

 

第2位:Xaomi | Mi Band 5

第二位に輝いたのは、XiomiのMi Band 5でした。

結果は次の通りです。

The Quantified ScientistによるXiomi Mi Band 5睡眠機能の検証結果

The Quantified ScientistによるXiomi Mi Band 5睡眠機能の検証結果
出典:https://youtu.be/QuvYWn1vZws

Fitbitと同等のレベルでの睡眠ステージの計測ができているようです。

しかも値段も3,000円台です。流石、Appleに次ぐ世界シェア第2位の実力ですかね。

「スマートウォッチを使った健康管理に興味あるけど、高い買い物だからな」

躊躇されている方にはもってこいのデバイスとだと思います。

パピーゴ

次の母の日のプレゼント、父の日のプレゼントの候補かな。

 

第3位:Fitbit | Charge3

第3位がFitbit Charge 3でした。

こちらは48日間の検証の結果、平均71.9%の精度でした。

The Quantified ScientistによるFitbit Charge 3睡眠機能の長期検証結果

The Quantified ScientistによるFitbit Charge 3睡眠機能の検証結果
出典:https://youtu.be/NYRq4ahPJ2c

The Quantified ScientistによるFitbit Charge 3睡眠機能の長期検証結果

The Quantified ScientistによるFitbit Charge 3睡眠機能の検証結果
出典:https://youtu.be/NYRq4ahPJ2c

Charge3を購入するのであれば、今年4月に発売開始になったCharge 4(Suica対応)がおすすめです。

パピーゴ

改札でピーってやってみたい。たまにそんな衝動に駆られます。

第4位:Fitbit | Sense

第4位がFitibit Senseでした。Fitbit最上位モデルです。

The Quantified ScientistによるFibit Sense睡眠機能の検証結果

The Quantified ScientistによるFibit Sense睡眠機能の検証結果
出典:https://youtu.be/w6D_uUDUP2k

特徴は皮膚温度の計測やストレス・スコアリング機能がついています。

パピーゴ

個人的には現在Fitibit Versa2を使っていますが、もし買い替えをするならSenseだと思っています。

 

第5位:Garmin | Venu Sq

第5位はGarminのVenu Sqです。

The Quantified ScientistによるGarmin Venue Sq睡眠機能の検証結果

The Quantified ScientistによるGarmin Venue Sq睡眠機能の検証結果
出典:https://youtu.be/FASpnYXZ61Y

Fitbit Versa 2の購入を検討する際にGarminも候補に上がりましたが、そこそこ優秀のようです。

パピーゴ

なぜか超上から目線になってしまいました。Garminファンの方、すみませんでした。

 

スマートウォッチ睡眠機能の精度ランキング圏外:

一晩の検証結果ですので、これらのデバイスの睡眠機能が劣っていると断言はできません。

ただ、一晩であれどどのような結果になったか、またその中でも個人的に気になっていたApple Watchについて紹介したいと思います。

 

第6~15位:デバイスランキング一覧

今回惜しくもランキング圏外になってしまったデバイスは次の通りです。

The Quantified Scientistスマートウォッチ睡眠機能の検証結果のまとめランキング圏外(2021年5月時点)

The Quantified Scientistの公開動画を参照し、管理人がまとめたランキング圏外のデバイスたち

 

第11位・15位のApple Watch睡眠機能の精度

個別のデバイスについての説明は割愛しますが、Apple Watchだけは個人的に関心があったので、紹介したいと思います。

今回検証に使われたデバイスはApple Watch 6です。

 

既にお持ちの方はご存知かと思いますが、Apple Watchには睡眠ステージを把握する機能はありません

あるのは睡眠時間の測定のみです。

追加で以下のような有料アプリを購入する必要があります。

パピーゴ

Apple Watchをお持ちの方で睡眠機能を活用したいという方は、AutoSleep Track Sleep on Watchを入れるか、FitbitかXiomi のデバイスを買うかあたりをお勧めします。

 

さいごに

以上が、「スマートウォッチ睡眠機能の比較|15のデバイスから選ぶならコレ!」でした。

The Quantified Scientistのこと、Rob ter Horstさんが公開しているスマートウォッチの検証結果について紹介しました。

The Quantified Scientistスマートウォッチ睡眠機能の検証結果のまとめ(2021年5月時点)

The Quantified Scientistの公開動画を参照し、管理人がまとめたランキング

くどい様ですが、当然1晩のスポット検証の結果の数値であり、鵜呑みは良くないです。

ですが、スマートウォッチの睡眠機能を重視する方は、FitibitとXiaomiのMi Band 5でハズレはないと思います。

ぜひスマートウォッチを検討する際に参考にしていただければ幸いです。

 

また、The Quantified Scientistも面白いので、ぜひ関心を持っていただいた方はチャンネル登録お願いします。

最後までご精読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA